上海で頭をぶん殴られたような体験

どうも!ヨッシーです!

先日、人生初の海外旅行に行ってきました!

海外旅行童貞を奪ってくれたのは上海でした。

パックマンさんに上海に連れて行っていただきました。

ナンパの師であり人生の師でもあります。

ブログ

http://pacmanstreet.deca.jp/

とにかくスケールがでかい

上海の建物は全てが大きくて日本の丸の内・六本木・新宿などの建物とは比較にならないくらいの大きさでした。

また日本では屋上などにスペースがあればカフェなどを出店するのが普通ですが、上海の建物では広場のようになっていて無料で出入りできそこから余裕を感じられました。

中国経済の規模の大きさを思い知らされました。

中国人は地蔵しないかもしれない

中国の電車ではスマホで電話をするのは当たり前で子供が席でで寝っ転がっていても親は注意せず

日本ではマナーが悪いと思われることも中国では当たり前のことでした。

そのようなことから 中国人は小さいことは気にせず日本人は神経質になりすぎではないのかと思いました。

ナンパでガンシカされて落ち込んだりするのも

気にし過ぎなだけで中国人は何とも思わないのではないかと思いましたw

上海では昔は植民地だったこともありいろんな文化が入り交ざった地域でした。

ザ・中国というようなとこもあれば車で15分くらい走らせると

日本でいうヨーロッパような雰囲気の街もあり、欧米人が日本より多くいるなと感じました。

場所によって雰囲気は様変わり

やはり旅行でもやることは変わらない

特に人が集まる場所である人民広場でもちろんナンパしました。

さすがに中国語は話せないので観光できている日本人をナンパすることに

ヨッシー「ニーハオ(カタコトで)」

女の子「・・・」

反応が悪い、、、

日本語で声を掛けても反応が悪く

旅行できていると非日常から日常に引き戻してしまうのかなと思いました。

クラブで頭をぶん殴られる

リンクスというクラブに行ったのですがそこで衝撃的な出来事が起こりました。

頭を後ろからぶん殴られたのではないかと思うくらいの衝撃です。

クラブの中のソファーに座っている人は見るからに大富豪だなという雰囲気の人が

絵に描いたような葉巻をプカプカ吸っている

それをもてなすようにヨーロッパ系の美男美女が踊っている光景がありました。

そこには今まで見たこともないようなスト高がいて自分が今まで見たことあるスト高が彼女らの中では不細工に入るのではないかと思いました。

ヨッシー「これが超絶美女だったのか、、、」

この経験から今狙っている日本のキャバ嬢・ラウンジ嬢は世界レベルで言うとスト中・低という位置付けとなることに気がつきました。

改めて上には上がいるのだと実感しました。

衝撃的でした。今まで可愛いと思っていたのが可愛くないなんて。

またクラブとキャバクラが一体になっているようで

ソファーに座っている女の子を指名すると一緒にお酒が飲めるようになっていました。

待機している女の子達は日本とキャバクラと一緒で退屈そうでした。

そこは万国共通なのかww

どんどん広がる世界

ナンパを始めて

ヨッシー「人生めっちゃ変わったぜ!」

と思っていたのですが

今回の旅行でまだまだ知らない世界があるのだと思い知らされました。

ナンパを始めていなかったらパックさん誘われてに旅行に行っていなかっただろうし

超絶スト高と出会うこともなかっただろう。

一歩踏み出す勇気さえあればどんどん世界は広がっていくのだと実感することができました。

なのでこれからも知らない世界に飛び込んでいきたい。

こんな機会を与えていただいたパックマンさんに感謝です。

謝謝。

  


ID検索の場合は
@vzz4714z
で検索してください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です