【現状維持から脱出する方法】ナンパ中・上級者の成長が止まる原因と解決策

こんにちは、ヨッシーです。

今回は、最近あったショックな出来事についてお話しします。

ただの愚痴ではなく、きちんと中身のある話です。笑

特に、「現状維持に留まるだけでなく、さらに飛躍したい人」に刺さる内容だと思います。

 

この前、彼女と夜ご飯を食べたんですけど、
食事も終わり、お互いの話のネタも尽きてきて、この後どうするかー、と話していたところ、

彼女から
「後輩が、ここら辺で飲んでるらしい。なんか彼氏といるみたいなんだけど、面白そうだから合流して4人で話そうよ」
と言われました。

特に予定もなかったので、「いいね」と返事をして、

僕と、僕の彼女と、彼女の後輩と、その子の彼氏
の4人で、港区のバーの個室で飲む流れになりました。

 

そこで2時間弱、4人で話していたんですが、

その後輩の彼氏さんが、圧倒的に自分よりイケてる人生を歩んで圧倒的に金を稼いでる人だったんですね。おまけに、顔もイケメンで、ナチュラルモテ。

なんというか、格の違いを感じて、自己肯定感がその時、めちゃくちゃ下がりました。笑

上には上がいるなーー、と。笑

その人は会社も何個もやって事業も何個かやって自分よりも圧倒的に稼いでいるし元々イケてて見た目もイケてるし自分よりもモテて来た人生を歩んでる人だったんで、なんというか、

相手にされていないなー、と感じる場面があったんですね。

 

今まで、ちょっとイケてるとか普通にイケてる人とかと飲んだりした経験はあるんですが、今回の方は、資産数十億持っているっていう、本当に、レベチな人だったんです。

で、そんな人から見れば、まだまだ僕なんて雑魚中の雑魚ですから、話をしていても全く相手にされないなということを思い知らされたわけです。

ただ、彼にとって僕は、「彼女の先輩の彼氏」なので、ちゃんと対応はしてくれるんですよ。
酔っ払っててもちゃんと僕としっかり話をしてくれる。

なんだけど、それが逆に心が痛くて、気をつかわせているなーと思ったのと、

ちゃんと話してくれているけど、実際は相手にされてないなというのもすごい伝わってきて、そこがめっっっちゃ悔しかったですね。

こういう明らかにステータスが格上の人と対峙する経験って中々ないし、最近は滅多になかったので、ダメージくらいましたね。笑

でもこういう経験って、自分に刺激を与えてくれるんですよね。

こっから、本質的なお話に入ります。

中級者以上の人の成長が止まるパターン

今回、圧倒的な格上と対峙し、僕は久々に「俺ももっと頑張らないと・・・」とショックを受けました。

それまでは、そのような刺激は特になく、「成長が止まるパターン」に陥っておりました。

成長が止まるパターンとは、

・周りにチヤホヤされている(自分よりも結果が出ていない人間で自分を囲う)
・同じ事ばっかり繰り返している
・失敗を恐れていてチャレンジしない

などが挙げられます。

 

周りにチヤホヤされているってのは、
例えば中級者とかナンパで上手くなったりとかしてくると
周りよりも成果が出ているから、周りの人からチヤホヤされたりとか
賞賛されたりとかすることがすごく多くなると思うんですけど、

それに満足しちゃったりとか気持ちよくなっちゃったりとかして、
その環境がとても居心地よくなっちゃうんですよね。

で、現状に留まってしまう。

自分より下の人と絡むことが多くなるんで、成長は止まります。

他の人から見れば凄い成果を出していたとしても、
同じことばかり繰り返していると成長は止まっているんですよね。

僕の場合は、ラウンジやキャバなど一般的には美人と言われる子達を即りまくっていたのですが、
同じようなことを最近やってるなとすごく感じたんで、
「あれ、進歩してないな?」と改めて思いました。

だから、今回、自分より圧倒的にイケてる人と会ったことで、
このままじゃダメだってすごい思ったし、めっちゃ悔しかったです。

なんで、同じことを続けてしまうかっていうと、
シンプルに「失敗を恐れている」からなんですよね。

自分の成功体験っていうのが積み重なっていくわけですが、
成功が続けば続くほど、今度は「失敗が怖くなる」。

だから、難易度設定を変えないまま、同じことを延々と繰り返す。

周りからチヤホヤされはじめたり、賞賛されたりする中で、
「失敗したら周りからどう思われるだろう」とか
すごい“守るもの”ができちゃって、失敗が怖くなる、というパターンもよくあります。

失敗をすることや、女性にセックスを断られることは、
短期的見たら、ダサいし自分でも自己肯定感が下がったり
「うわー」となると思うんですけど、

長期的に見たら、一回凹んだあとで、
「じゃあ、どうすれば二度とこのような経験はしなくて済むのか?」
と必死に考える契機になるので、とても価値のあることだと思うんですね。

そうすれば、失敗の経験も、
成功に切り替わるわけで、そういう風に捉えていきましょう。

 

停滞感を感じたら、何をすればいい?

とは言っても、人間は楽に流れる生き物です。

もし、「あれ、成長が止まってるな。現状維持に逃げているな」と感じたら、何をすればいいのでしょうか。

正解は「環境を移す」です。

成長が止まったら、まず居心地の悪い環境に移るっていうことを、何も考えずに行ってください。

 

格上の人たちが多いグループに所属するってことです。
グループでなくても、格上だと思う人にコンタクトを取り、会いに行ってみる。

ナンパ界隈で自分より上だなっていう風に思う人でもいいし
バーとか飲み屋とか、そういうところで出会った
自分よりイケてる人たちと付き合い始めるとかでもいいし、
大学生なら、イベサーとか嫌でもイケてる人と絡むようなところに入ってしまうとか。

そういう風に、「今のあなたでは居心地が悪いと感じる場所に飛び込む」ってことが大事です。

その環境に食らいつくことに必死になれば、一気に、成長が加速します。
そのイケてる人たちの基準が、あなたの基準になるってことなので、当然と言えば当然なのですが。

 

例えば、ナンパ1〜2年目の僕だったらイケてる文化を学びたいと思って、
「キャバのボーイ」とか「海の家で住み込みでバイト」とか思いついた限りやっていました。

実際、働き始めは、居心地は悪かったです。ですが、どんどんどんどんその環境に慣れていき、
最終的には「この環境が落ち着く」というレベルまでになりました。

だんだん、そこの文化に馴染んでいくという感覚をすごい実感できたんであなたにも是非やってもらいたいなと思います。

 

ですが、自分とレベルがかけ離れすぎている場所はNGです。

「自分が最弱な環境だと最高だよね」って最近では思うんですが、
これってある程度成功体験を積んでる人じゃないと、自己肯定感を保てないと思うんですよね。

自分に自信が1ミリもない方は、自分とレベルが違いすぎる場所に飛びこむと、つぶれてしまう可能性も出てくるので、そこだけは注意してください。

”自分が最弱なんだけど、頑張れば、その人たちに追いつける”

このくらいの環境を探して、飛び込んでみてください。

そういう環境で過ごし、最初はコテンパンにダメージを負ってください。笑
「あ、まだまだ俺じゃ話になんないんだな・・・」とショックを受けてください。笑

否定されるということ自体を、ウェルカム精神で受け入れてほしいなというところですね。

格上の人に「君、そんなんじゃダメだよ」と、直接言ってもらうのが一番いいです。

対等な関係で、否定をしてくれるような人は滅多にいませんので。
(誰だって、相手を否定することは気がひけるし、面倒くさい。)

きちんと対価を払って、指導を受けているという関係性でないとハッキリと言ってくれる人を探すのは難しいでしょう。
もし周りに言ってくれる人がいるなら、耳は痛いと思いますが大事にした方がいいです。

ハッキリと言われることで、最初は凹みますが、その後に自分を高める起爆剤になるので、とても大事です。
一時的にはめっちゃ辛いですけどね。

 

ですが、僕自身のことを思い返してみれば
ナンパ始めた時とか、女にいいように使われたりというか、否定されまくってたわけですよ。
周りからもモテないという風に思われたし、実際、そういうモテないキャラでした。

ですが、周りに否定されまくった後で、その悔しさをバネにして、ナンパを始めて一気に爆発して即れるようになりました。

今でこそ美女を抱けるまでになりましたが、
港区編に挑戦し始めの頃は、ラウンジ嬢と合コンで、「ヨッシーってコミュ障なの?」みたいなことも言われたし、

もちろんその時は、めっちゃ辛かったし腹立ったし怒りさえ覚えたんですけど、

そこで否定されたことによって
「もっと頑張んないといけないな」という風にすごい思えたし
「もっと上を目指さないといけないな」と心に決めたわけです。

 

ナンパ界隈や情報発信の界隈でも、
日々成長していかないとあっという間に置いていかれるし
「変化せずに成長していこうと思ってない人」に、みんなついていこうと思わないし、

「常に変化し続けて成長する」というのは大事だなと、改めて思いましたね。

最近は満足できる彼女もいるし、結婚でもして、落ち着くのもありかなという風に思っていたのですが、反省です。
甘いことを考えすぎてました。

はい、そんなんじゃいかんぞ!ということで今回の出来事は自分への戒めになりました。笑
今後の糧にしていきたいと思います。

今回は、以上です。
お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です