①すぐにできる!コミュ障だと思う人がやるべきこと

どうも!ヨッシーです。

ナンパを始める前はコミュ障・人見知りで

他人とどう接すればいいのかわからない。

という状態だったのですが

ナンパに取り組んだことにより改善されていきました。

コミュ障にも2種類あると思っていて

・受け身や気を使いすぎてコミュ障

・自分の話したいことだけ話して相手の話を聞かないコミュ障

があります。

今回はどちらにも共通する改善策でございます。

当たり前から始める

今まで何人もナンパをしている人と会ってきましたが

ナンパが上手くてコミュニケーションがまともにできない

という人は誰一人いませんでした。

コミュニュケーションや対人関係が

まともにできないのに

ナンパの時だけトーク力が上がるはずがないのです。

ナンパというのは枠組みとしては恋愛の中にあり

恋愛はコミュニケーションの中にあります。

なのでまずコミュ障の方は

まずコミュ障を治さないといけないのです。

今日からできるコミュ障改善レッスン

感情を出す

基本的にコミュ障の人はリアクションが薄いです。

言い換えれば無愛想

「何考えてるかわからない」

「ポーカーフェイスだよね」

など言われたことがある人は注意したほうがいいです。

知らぬ間に相手から話しにくいなと思われて

会話の輪に入れないということもあるでしょう。

感情を出しやすくする方法を紹介

フレーズはなんでもいいので

喜怒哀楽を大袈裟に表現することです。

例えば「こんにちは」

・めちゃめちゃ喜んだ「こんにちは」

・めちゃめちゃ怒った「こんにちは」

・めちゃめちゃ悲しい「こんにちは」

・めちゃめちゃ楽しい「こんにちは」

とにかく大袈裟にです。

はじめは恥ずかしいと思うので誰も見ていないとこでいいです。

顔だけ意識するのではなく体全体で表現する。

そうすると声掛けをした時に

面白いトークをしなくても

ノンバーバルで感情を伝えることができて

反応が以前よりも取れるようになります。

表情はなかなか客観的にみれないのでこれを変えるだけで効果があります。

1日1回でいいのでやってみてください!

目を見て話す

講習生とかでもたまにいるのですが

目を見て話せない。

目を合わせられないと相手の反応がわからないから

不安になり

「何言ってるんだよこいつとか思われてるんじゃないか」

「話つまらないんじゃないかな」

などありもしないことを考えてしまします。

これは人前で緊張しまう。あがり症。などの方も当てはまります。

ですが相手の目を見れば

相手の表情だったり仕草に注目でき

「ちゃんと話聞いてくれている」

「楽しんでくれてる」

などがわかり不安な気持ちがなくなります。

なので自分から視線を送りましょう。

相手が話している時も

目を合わせることによって

ちゃんと話を聞いてくれているんだなと安心できるし

目を合わせないより合わせた方が自信があるようにも見えます。

まとめ

今回紹介したことはナンパをする時以外でも人と会えば365日

できることなので意識してやっていただきたいです。

また仲間に協力してもらって自分ができているかを

フィードバックしてもらうのもいいです。

コミュ障だと思う方はまずここからやることによって

ナンパのハードルは低くなるので

すぐにやりましょう!

次回はコミュ障が意識すべきことを3つ紹介します。

それでは!

  


ID検索の場合は
@vzz4714z
で検索してください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です